社労士の役割とは?何をする仕事なのか知ろう

社労士の役割とはなに?

社労士という資格は知っていても、どんな仕事をしているのか具体的なことを説明できる人は少ないです。国家資格者のみができる社労士の役割とは何なのか知っておきましょう。社労士とは、労働法や社会保険に詳しいプロのことです。主に、就業規則や社会保険の手続きに関する書類を提出したり代行する役割を果たしています。これらの業務は、社会保険労務士法に基づく国家資格が必要となります。企業は、社会保険や社員の年金手続きなど労働環境の管理と維持を行う必要があります。これは、企業経営を行うにあたり欠かせない要素です。そこで、円滑な事業運営ができるよう社労士が多方面でサポートしています。労働者の福祉を向上するためにも、社労士は必要不可欠な存在と言えるでしょう。

社労士の仕事内容とは?

社労士の主な仕事内容は、各種申請手続きを代行することです。例えば、労働基準法で常時10人以上の社員がいる場合は就業規則の作成が必要になります。就業規則は、会社独自のルールがありますが法令に反するものを作ることは認められていません。また、作成した書類は管轄の労働基準監督署長に届ける必要もあり重要な作業になります。この書類が円滑にいかないと業務ができないため、社労士の力が必要となるのです。次に、助成金の申請が挙げられます。助成金とは、主に厚生労働省が管理しており人材育成や環境整備などに対し資金を援助してくれることです。この資金は、銀行と違い返済の必要はありません。そのため、申請には細かな条件が存在します。必要な条件を即座に理解し、適切に申請するには準備が大変です。そんな時、社労士が適切な書類を作成し助成金をスムーズに申請してくれます。

渋谷の社労士は、企業に属して就業規則の作成や経営者、従業員の労働に関する相談に対応している人や、個人で事務所を構えて柔軟にサービスを提供している人まで多数います。